読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傘はある

健康で文化的な愛にあふれた生活

おらこんな村いやだ

昔から変な人に好かれる。
好かれるというか、好まれる。
「アタシってぇ〜ぜんぜん好きじゃない人にめちゃくちゃ好かれるですぅ〜困っちゃいますぅ〜」とまんざらでもない女と一緒にしないでくれ。
わたしなそうじゃない、そうじゃないんだ。
ただ毎日を一生懸命生きているだけなのに、突然目の前に見ず知らずの人間の理解不能な性癖が現れるんだ。

変質者に遭遇したことなんて何度もある。
見ず知らずの男性に尻を触られたことも、見ず知らずの車に連れ込まれそうになったことも、見ず知らずの男性器を見せつけられたことも、当然ある。
でもそんなことは日常茶飯事すぎて、今更人に話してキャーキャー言うほどのことでもない。

躁鬱病でアル中かつオーバードーズ気味の自称ダーザインというおっさんに「あなたは…あなたは僕の女神です…」と言われて『永遠なんてなかった』というタイトルの全7部作の詩集のプレゼントされたこともある。
もらった詩集があまりにも不要だったのでブックオフに売りに行ったんだけど、もちろん値段なんてつくわけもなかったので今でも実家に保管してる。

膀胱炎になってしまい仕方なしにオムツを履いて複数のバンドが出演するライブイベントに行ったとき、ライブ中に顔の見えない屈強な男性に後ろから抱え込まれてオムツの中に手を突っ込まれ「ハァハァ…もしかして君もそういう趣味なの…?」と具をこねくり回されたこともある。
"君も"ってお前そういう趣味なのかよ、一緒にすんじゃねぇよ。
わたしが屈強な男に具をこねくり回されていたときにステージに立っていたザ50回転ズのことは今でも恨んでいるので、あれから一度も聴いていない。

通学中に全身チェック柄の服を身に纏った芸人のほっしゃんにそっくりのおっさんに長い時間目を見つめられながらものすごい強い力で尻を捻られたこともある。
痛かった、ものすごく痛かった。
あれからほっしゃんのことも嫌いになった。
最近ほっしゃんをテレビで観る機会が減って、わたしの心の平穏は保たれている。

すすきのを歩いていたら「君はドMだろう?僕にはわかるよ」と言われて女性の乳を釘でベニヤ板に打ち付けられ流血している写真を見せられながら「僕の3人目の奴隷にならないか?」と誘われ、恐怖のあまり「申し訳ございませんがわたしにはすでに忠誠を誓ったご主人様がおりますので…」と断って逃げたこともある。
忠誠を誓ったご主人様なんているわけないだろバカ!!!!

警察にも行った、お祓いにも行った。
なのに変わらない、なぜだ、なぜなんだ。
もうこんな生活いやだ!!!
北海道か?!
北海道という変態すらも全てを受け入れるほど広大な大地が悪いのか?!?!
おらこんな村いやだ!!!!!

北海道を離れ、大阪に住み始めて早2ヶ月。
今は実家暮らしで友達ゼロかつ彼女いない歴=年齢の童貞アラフォーにパワハラ紛いの愛情を全身に注がれている。